ニライカナイ 〜川井豊子の詩の記憶の森

ニライカナイ 〜川井豊子の詩の記憶の森
Soul Mate
その映画では             ※
すべては初めから失場面われていた
流れてゆく場面は
肉体という器を失ってしまった
彼の記憶 あるいは
浮遊する意識のかけらなのだった
どの場所にでも どの時間にでも
束の間に 繰り返し
飛び立つことのできる
とうめいな器
思い描いたことが
そおの瞬間に目の前に広がってゆく
不思議な世界
(彼は彼女が描いた油絵の中を歩いていた)
そこで生き生きと息づいていたものたちの
今は失われた
温もりと香りと身じろぎ
懐かしい家 家族の顔 耳の長い犬
ある朝の食卓の
子どもたちが食べ残したベーコンエッグの皿と
戻ることのなかった車の 舞い上げた砂埃
そして その子たちの母親であった女性の
笑顔と 涙と 忘れがたい言葉
触れても 囁いても
それはすり抜けてゆく
愛は
形あるものの中をすり抜けてゆく
その映画では
男の望みは
時間のように純粋に流れていった
愛するものたちと ふたたびめぐり会いたいという
 たとえ生まれ変わっても
 えいえんにすら耐えられるほどの
 絆
望めばかなう
夢のような話だが
ひとつの物語の中では
ひとつの真実なのであった
       
                 (※)ヴィンセント・ウオード監督『奇跡の輝き』(1998)

 

| 既刊詩集『眠る理由』 | 17:08 | - | trackbacks(0)