ニライカナイ 〜川井豊子の詩の記憶の森

ニライカナイ 〜川井豊子の詩の記憶の森
<< 『アンコール・ワットな日々』 【9】 | main | DIAMOND DUST >>
アンコール・ワットな日々 【10】猫と鳥が棲む聖域――第三回廊へ

 西塔門から十字回廊に入ると、Mさんが右側に柱に注意を促した。墨書きの落書きであり、薄くなっている部分もあるが、確かに「森本右近太夫」の字は読める。1632年(寛永9年)、仏四体を奉納するために海路渡ってきた人の字だという。1639年の鎖国前には、カンボジアのプノンペンをはじめ、東南アジアの各地に日本人町があったというから、航路は今思う以上に開けていたのだろう。仏教の聖地「祇園精舎」(釈迦が説法を行ったというコーサラ国の首都シュラ―ヴァステー)だと思って、日本人町の人たちが参詣していたのがアンコール・ワットであり、森本右近太夫もまたそんな一人だったのだそうだ。それにしても、もし鎖国をしていなかったなら、日本は今どんな国になっていたのだろうか。その柱の前に立っていたのはほんの一瞬だったが、気分は二世紀ほど前の日本にワープしていた。

 

 四つに仕切られた沐浴場のある十字回廊を過ぎ、仄暗い第二回廊を出ると、第三回廊に囲まれた、五つの塔からなる中央祠堂がそそり立っていた。尖塔にも彫刻が見える。第二回廊の外壁にはデヴァター(女神)たちの浮彫が並んでいる。西参道では猿を見かけたが、ここには猫たちがいる。何匹も棲みついているようで、観光客慣れしている。鳥たちの鋭い鳴き声も聞こえる。塔の先端に巣を作っているという。かつて王族や高官しか入ることができなかったという中央祠堂を囲む第三回廊に行くには、急な階段を昇らなくてはならない。「65度の勾配です」と説明するMさんは下に残り、石段の上に木で補修された階段の手すりを握りながら、二人で上がる。ピラミッド状に縦方向にも展開しているというアンコール・ワット建築を、腿の引きつりで実感する。

 けれど、そろばんの玉のような連子格子越しに眺めた景色は、そんな疲れを一瞬にして忘れさせた。近辺のバケン山の山頂(標高65メートル)に匹敵するという高さの遺跡の、周囲に広がる雨期初めの木々の緑と伽藍の灰色とのコントラスト。壁に浮彫されたデヴァターたちの微笑。触ってはいけないというその彫刻群の、デヴァターの丸い乳房が艶やかに輝いている。七つのナーガの頭を背にした王の座像の顔が凛々しい。

 十字回廊にあったように、中央祠堂にも四つに仕切られた沐浴場があり、前者は地上界の、後者は天空の聖池とされる。雨期が進めば、これらの池も満面の水を湛えるのだろうか。祠堂の中央には仏像が祀られているいたが、建立当時にはヒンドゥー教のヴィシュヌ神の像が安置されていたという。

 早朝で、まだ人もまばらで、Jはようやく自分のペースで写真を撮れているようだ。鳥たちの声が間近に聞こえる。のんびりと回廊を見ていたら、Mさんが上がってきた。私たちが予定よりも遅いので、迎えに来たようだ。昇りにもまして、下りの階段をこわごわと降りる。

 

 

 

| エッセイ | 14:45 | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://kioku-blog.jugem.jp/trackback/196
トラックバック