ニライカナイ 〜川井豊子の詩の記憶の森

ニライカナイ 〜川井豊子の詩の記憶の森
<< 『旅する男の物語』【5】白い卵と眠れる巨人たちの夢 | main | 心ののふりこ >>
『旅する男の物語』【6】名づけられたものと名づけえぬもののはざまで

                       ――アイルランド行

 

空と草原のはてしない裂け目の中に、数え切れないほどの石の柱が立っている。あるいは、天への階段の崩れ落ちた欠片が、大地の哄笑のように、見渡す丘の至る所に散らばっている。

それは大地から生え出した巨大な夢の石化であり、あるときは置き忘れられた墓のようにも見え、あるときは蹲る祈りの背中のようにも見える。その丘の一つの、空に剥き出しにされた椅子の上では、円卓の騎士たちの伝説が、善と悪の終わることのない円環のように、今もなおまことしやかに語り出されているのだろう。振り返れば、耀く夕陽の中で佇む石の群れは、踊る子どもたちの影の輪となり、その影の一つ一つが、大地の洞穴への入り口となって、残された微かな光を吸い込んでゆく。やがてそこに広がってゆくのは、地の底から戻れなかった人や物たちの、獣のような身じろぎだろう。

太古から吹いてくる長い腕のような風の中に立ちながら、旅する男が耳を澄ましていたのは、現れては消えていった彼らの〈声〉の、微かな残響ではなかったのか。それはかつてそこで生きていた人たちの〈時間〉であり、〈血の記憶〉の匂いであり、人々の〈名〉で織りなされた〈物語〉なのであるけれど、それはまた、時間という巨大な網の目からすり抜けていこうとする、影亡き営みの跡であったのかもしれない。

スケリグ・マイケル、ダブリン、タラの丘、ウエールズ、アラン諸島、ウインチェスター‥‥‥‥。男が旅していたのは、そのように呼ばれていた土地であるとともに、そのどこでもない〈どこか〉であり、名づけられたものと名づけえぬもののはざまであったのかもしれない。

 

四方を窓で囲まれた部屋には、微かな温かみが漂い始める。夕暮れの空を鳥の影が過り、眠る女の夢の中では、奇怪な石の群れが羊のように草を食んでいる。

| 未刊詩集 | 16:23 | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://kioku-blog.jugem.jp/trackback/211
トラックバック