ニライカナイ 〜川井豊子の詩の記憶の森

ニライカナイ 〜川井豊子の詩の記憶の森
<< 『アンコール・ワットな日々』 【21】夕焼けとスコールのあとで | main | 『アンコール・ワットな日々』 【23】カンボジア平原を疾走して >>
『アンコール・ワットな日々』 【22】カンボジア平原を疾走して

 三日目、シェムリアップから東北へ60劼曚描り、クーレン山の麓にあるというベンメリアへ向かう。

  舗装された道路の工事には、日本の自衛隊が関わったそうだ。この幹線道路とは別に、12世紀末から13世紀にインドシナ半島全体を覆うように栄えたアンコール王朝には、雨季でも通行可能な盛土による土手道がめぐらされていた。低地には石橋も架けられ、象部隊が移動しても壊れることなく、河川路とこの盛土土手道によって、アンコール都域と各地域は結ばれていたそうだ。『カンボジア 密林の五大遺跡』(石澤良昭・三輪悟著/連合出版)で石澤氏はその道を「王道」と呼んでいる。その王道がゆえに、シャムのアユタヤ王朝の侵攻によって首都アンクル・トムが陥落し、クメール帝国は滅ぼされたともいう。

 さて、シェムリアップを出てほどなくすると、長閑な田園風景が広がっていた。がしかし、猛スピードで土煙を上げながら走るTさんの運転は、とうてい長閑とは言いがたい。時速何キロくらい出していたのだろう。右側通行の道は舗装されてはいるが、中央線も側道もなく、次々とトラックを追い越し、トゥクトゥクやポリタンクを満載したバイクを追い越して、ぐんぐん走る。大人しそうなTさんの思いもかけない荒い運転に、車内から地元の民家の写真を撮ろうとしていた娘も、半ばあきらめかけている様子。それでも、そんな流れ去る車窓から掠め見た印象だが、民家は高床式が多く、家の前に供え物をした小さな祭壇を置いている家もある。平坦な田畑が広がっているが、全体に茶色く、まだ雨季の初めなので、これから稲が植えられるのだろうか。乾季を過ごしたせいか、牛はあばら骨が見えるほど痩せている‥‥‥‥。
 ところで、日本に帰ってだいぶ経ってから知ったことだが、私たちが行った2016年6月の前月5月に、カンボジアは数十年らいとも言われる干ばつにみまわれていた。雨季に入っても降雨量が少なく、牛がやせ細っていたのも、何も芽吹いていないような茶色い田畑が広がっていたのもおそらくそのためだったのかもしれない。「Mさんが言っていたよ」とはJの言だが、私は残念ながらその時に聞きのがしていたようだ。もし、それをちゃんと聞き留めていれば、カンボジア平原を疾走するバンの外の風景を、もっと違った感覚でとらえることもできたろうに。Mさんはトレンサップ湖の側に家があると言っていた。自国の窮状についてはあえて多くは語らなかったMさんだが、平和な国からのんきに観光旅行にやって来たような私たちに、本当はもっと伝えたいことがあったのかもしれない。昨年(2019年)もカンボジアは長期的な干ばつで、トレンサップ湖でもそれは発生し、農民や漁師が大きな被害を受けたようである。

 

                        (【23】に続く)

 

 

| エッセイ | 21:25 | - | -